NEWS LOCATIONS MAINTENANCE
BLOG ABOUT US AGING
CONTACT US  

 


 


私たちは素材の魅力を引き出すモノ作りを心掛けています。
その為、出来る限り自然の状態の革を使用しています。
手は掛かりますが、だからこそ愛着が生まれ、
自分だけの掛け替えのないモノに変化していくと信じています。

革の基本を少し理解してしまえば、メンテナンスは難しいものではありません。
メンテナンスに絶対的な答えは無く、
あくまで、自身が満足し、永く付き合えることが重要です。

 


○革の種類
動物の皮は、鞣しという工程を経て革に変わります。
この鞣し方によって大きく2種類に分けることができます。
植物タンニン鞣しとクローム鞣しです。
植物タンニン鞣しは、植物から抽出したタンニンを使った古くから用いられているナチュラルな鞣し方です。
クローム鞣しは、鉱物を使い、科学的な方法で柔らかく扱い易い素材に変える鞣し方です。
クローム鞣しの方が手は掛かりませんが、やはり革らしさ、経年変化は植物タンニン鞣しが勝っています。
私たちが使う革も殆どが植物タンニン鞣しの革になります。

 

○革は、多量の水分と乾燥を嫌います。
水分を多く含むとカビの原因になります。
一度革内部までカビが根を張ってしまうと完全に取り除くことは困難です。
また、乾燥が進むと、まず表面がカサカサし、最終的には革が割れてしまいます。
つまり、適度な保湿と油分が必要になります。

 

 

○水シミ、輪シミについて
クローム鞣しは比較的水に強くシミが出来にくいですが、
植物タンニン鞣しはナチュラルな仕上げである程水に弱いです。
まずは革に浸み込む前に直ぐに拭き取ることです。
① 写真の状態で完全に乾いてしまうと、
水シミが定着し消すことは困難です。
乾く前に行うことが肝心です。
② 綺麗なタオルを水で湿らせシミ部分を馴染ませます。
注意点:強くこすらないこと。革表面を傷めてしまいます。
③ シミが目立たなくなるまで全体的に革を湿らせます。 ④ そのまま自然乾燥
まだ若干湿っていますがシミは消えています。
注意点:ドライヤーや直射日光で急速に乾かさないこと。
完全に乾いたのち、必ずクリームを入れる。(乾燥と共に、革の油分が抜けています。)
※靴、財布、鞄など全て共通です

 

○防水スプレーについて
現在は被膜を張らず、革の風合いを損ねない浸透性の良い防水スプレーが開発されています。
使い初めにかけておくと防水効果や汚れが着き難くなります。
ただし、完全に水を弾くわけではないので注意は必要です。

 

○靴のメンテナンス方法
まず、もっとも重要なメンテナンスは靴を休ませることです。
足は思っている以上に汗をかきます。
連続して使用するとどうしても汗が溜まり内側から痛めてしまいます。
理想は1週間、1日開けるだけでも随分湿気は抜けると思います。
エイジングのスピードは遅くなりますが靴を長持ちさせる為には
何足かをローテイションで履くことをお勧めします。

メンテナンスアイテム
・ブラシ(革用)
・クリーム(コロニル・デラックスクリーム)
・クロス(柔らかなコットン製)
① ブラッシング
始めにブラッシングでホコリや汚れを落とします。
ブラッシングは頻繁に行い靴を絶えず綺麗にしておきます。
ホコリ、汚れもカビの原因になります。
② クリームを少量取る
現在クリームはコロニル・デラックスクリームを使っています。
ナチュラルな革にはやはり有機溶剤の入っていない
ナチュラルなクリームがお勧めです。
他のブランドのものでもナチュラルな成分であれば代用可能です。
コロニルは馴染も良く革の種類を選ばず使えるので良いと思います。
③ クリームの量
片足写真程度の量で良いと思います。
一度にたくさん塗りすぎるとかえって革の風合いを
損なう恐れがあります。
④ クリームをクロスに馴染ませる
直接クリームを靴に塗ると、ムラやシミができやすいので、
クロスに良く馴染ませてから、塗布してください。
⑤ 馴染ませたクリームを塗る
靴全体を円を描くようにクリームを馴染ませます。
特に指の折れ曲がる屈曲部分は念入りに。
油分がなくなると始めに革表面が割れやすい場所です。
⑥ 磨く
デラックスクリームは磨く程ツヤがあがります。
ツヤを出したくない場合は、⑤で終わって構いません。

 

○ベロア素材の場合
① 基本はブラッシング。
ベロア専用のブラシもございますが、
基本的には通常のもので結構です。
② 軽い汚れであれば消しゴムを使っても落とせます。
但し、強く擦ると革の表面を傷め、
色が退色するので注意が必要です。
③ ベロア、スエード、ヌバックなどは、
スプレータイプが使い易いと思います。
ベロアやニベ革には↑をお勧めしています。
Collonil(コロニル) 1909 シュプリームプロテクトスプレー

 

○クリーム塗布の頻度について

これはなかなか一概に言えません。
人によって履き方、履く頻度、汗が多い方、少ない方色々考えられます。
目安としてですが、週1回程度の使用であれば2~3か月内に1回で十分だと思います。
2,3回の使用でクリームを入れるのは多すぎます。
※クリームが入りすぎると革のコシが抜け、全体的にツヤが消えウェットな感じがしてきます。
逆に、革表面が乾燥しカサカサしてくるようであれば少なすぎです。
※MOTOの手染めタイプの場合は色の退色が進むようなら頻度を増やした方が良いです。

クリームを入れないのも、入れ過ぎも良くない。と言うとなんだか難しいですが、
自身のライフスタイルに照らし合わせ、革を良く見ておけば、
自分に合った適切な頻度が見えてくるはずです。

 

○財布のメンテナンス
財布の場合は普段お使い頂く際に手の平から出る油分で充分に補えるので、
1年に1~2回程度クリームを塗布すれば、十分です。
※最も注意する点は汗です。特に夏場ヒップポケットに入れて長く使用されると、
多量の汗で「ブク」と呼ばれる水膨れができる可能性があります。
症状としては、少しづつ革の艶が消えていき、黒っぽい色に変わり表面がどんどん堅くなっていきます。
汗シミに気付いたら、きつく絞った布で水拭きし、自然乾燥させ、完全に乾いた後クリームを入れて下さい。
(水拭きの際、強く擦らないこと。)
① クリームを少量取る。
現在クリームはコロニル・デラックスクリームを使っています。
ナチュラルな革にはやはり有機溶剤の入っていない
ナチュラルなクリームがお勧めです。
他のブランドのものでもナチュラルな成分であれば代用可能です。
コロニルは馴染も良く革の種類を選ばず使えるので良いと思います。
② クリームの量
片足写真程度の量で良いと思います。
一度にたくさん塗りすぎるとかえって革の風合いを
損なう恐れがあります。

③ クリームをクロスに馴染ませる。
直接クリームを靴に塗ると、ムラやシミができやすいので、
クロスに良く馴染ませてから、塗布してください。
④ 馴染ませたクリームを塗る&磨く
財布全体を円を描くようにクリームを馴染ませます。
特に折れ曲がる屈曲部分は念入りに。
油分がなくなると始めに革表面が割れやすい場所です。

 

○革の特徴

・コードバンレザーについて
コードバンとは高密度の線維構造を持った馬革のお尻を植物タンニンなめしによって作られた革です。
とても丈夫で魅力あるエイジングが特徴的な革ですが、特に水分を苦手とします。
メンテナンスの方法は変わりませんが、他の革より雨や汗には注意が必要になります。
(コードバン専用クリームも販売されていますが、コロニル・デラックスクリームでも問題なく使用できます。)

・クロームエクセルレザー
アメリカホーウィン社で作られているプールアップレザー。多量のオイル分が特徴。
力強いエイジングが魅力的な革です。摩擦や水分にも比較的強い革ですので、
メンテナンスの頻度は他の革に比べ少なくて良いと思います。
特にナチュラルはこの革の特徴を良く表し、オイルムラやキズなどもダイレクトに伝わってきます。
繊細さや均一性とは無縁ですが、迫力あるエイジングを楽しみたい方にはお薦めです。

・ブライドルレザー
イギリスで元々馬具用として生まれた、植物タンニンなめしの堅く、丈夫な革です。
特徴的なのはブルームと呼ばれる表面に白く浮き上がったロウ分です。
使うほどに表面のロウは取れていき、徐々に艶感が上がっていきます。
新品時のロウ分が気になる場合は、柔らかいブラシと布で乾拭きし、落してから使い始めても問題ありません。

Collonil(コロニル) 1909 シュプリーム
デラックス(カラーレス)

皮革への浸透力が高いシダーウッドオイと
ラノリン等の天然オイルをブレンドした
クリームです。バランス良く保革-栄養効果、
柔軟性を与えます。皮革内部へゆきわたることで
微細な皮革繊維に 潤いを与え、深みのある
しっとりとしたツヤが生まれます。
フッ化炭素樹脂が撥水効果をもたらせます。

※有機溶剤は使用しておりません。
レザーの靴、バッグ、ウェア、家具等
※イタリアンサドル、コードバン、クロームエクセルなどに効果的です。

 

Collonil(コロニル) レザー 防水スプレー
ウォーターストップ スプレー

皮革表面を覆わず、皮革に浸透するタイプの
フッ化炭素配合防水スプレーです。
革の呼吸を損なわないため皮革を傷めずに
防水効果を与えることができます。
皮革製品は新品時にご使用いただくと、
汚れがつきにくく、後の手入れが楽になります。


注意点:
(ベロア、エナメル、爬虫類、カーレザーシートなど)には使用出来ません。
一部特殊製品に色落ち、シミ、ムラ、風合いの変化が出ることがありますので、
目立たない箇所にてお試しの上ご使用下さい。
スプレー直後に皮革の色が濃くなる場合がありますが、乾くと元の色に戻ります。
液ダレの原因になりますので、容器を傾けて使用しないで下さい。

 

起毛革(ベロア、ニベ、クードゥー)にはこちらをお勧めしています。↓

Collonil(コロニル) 1909 シュプリーム
プロテクトスプレー


防水スプレー(無色)

厳選された素材と高価なシダーウッドオイル成分が、
高級レザー製品に栄養を与え保護し防水効果を与えます。
また、汚れを防止し、湿気から守り耐久性を長くさせ、本来の概観を維持します。

ベロアやニベ革などの起毛革に最適です。

※絹・爬虫類・ソファー・カーレザーシートにはご使用できませんのでご注意ください

注意点:
ホコリや汚れを落としたあと、容器をよく振って、
20cm位離してムラ無く均等にスプレーして下さい。
ベロア、ニベ、ヌバック、はスプレー前にブラッシングして下さい。
一部特殊製品に色落ち、シミ、ムラ、風合いの変化が出ることがありますので、
目立たない箇所にてお試しの上ご使用下さい。
スプレー直後に皮革の色が濃くなる場合がありますが、乾くと元の色に戻ります。
液ダレの原因になりますので、容器を傾けて使用しないで下さい。

その他メンテナンスへの不明点は、お問い合わせページよりお気軽にお問い合わせください。